FXの注意点

これからいよいよ口座を開設!! でもちょっとその前に…FXの注意点(デメリット)もチェックしておきましょう。

レバレッジによる損害

元手の数十倍~数百倍にした取引を可能にする『レバレッジ』は大きくすればするほど、利益も大きく入ります。しかし、それは損をした時も同じです。欲を出し「レバレッジを大きくしすぎた取引で失敗し、全財産を破産させてしまった」という事のないように、初心者の方は、もし損をしたとしても資産に支障をきたさない範囲内の取引額を考えてください! レバレッジ1倍~2倍にしておく事をおすすめいたします。

(図)レバレッジの計算方法

こうする事によりレバレッジを調整できます。

契約しているFX会社の倒産による損害

(図)信託保全があれば倒産しても大丈夫「資産を預けている業者が、ある日突然に倒産!! 預けていた資産が返ってこない!!!」という様なケースもゼロではありません。しかし、業者の倒産等による損害を防ぐ方法が「信託保全」。この「信託保全」を取り入れているFX会社を選ぶことで損害は回避できます。FXの会社を選ぶときは、しっかりと信託保全を取り入れているかどうかも、大切なチェックポイントの一つです。

情勢の影響による通貨の暴落

(図)逆指値注文で予期せぬ損失を回避世界の情勢は日々変化します。あるひ突然テロや災害などにより、予期しない為替変動がおこり、保持している通貨が暴落する危険も。これを防ぐには「逆指値」という注文方法があります。取引前に予め「ここまで通貨の価値が下がったら自動で決済してね」という注文方法です。「逆数値」を行うことによって、予期できない損益を被らずに済みます。